前へ
次へ

結婚相談を行う、結婚カウンセラーの仕事内容は

結婚相談のエキスパートとして、結婚カウンセラーの仕事が存在します。
働く職場によっても仕事内容に違いがあり、結婚相談所の社員としての仕事もあれば、個人でアドバイザーとして仕事を行っている人もいます。
結婚カウンセラーの存在意義は、結婚相談所で出会いを斡旋するのではなく、悩みに対して相談に応じるカウンセラーとしての役割が強くあります。
例えば、人とのコミュニケーションが苦手な人に対して、その人の特徴観察し、どの様な話し方をすれば良いのかなどのアドバイスをしたりします。
結婚の成立を高めるアドバイザーであり、人の心理について把握できる力を必要とします。
結婚カウンセラーを目指される場合は、結婚相談所に入社し、そこで様々な人の心を知る中で経験を積んでいくのもお勧めです。
NPO法人が資格の認定を行っている場合もあり、ある程度知名度の高い認定資格を目指されると良いでしょう。
結婚カウンセラーと似たような仕事内容として、仲人の仕事内容も存在します。
様々な要望に応じられる様に、時代も常に変化しているため、様々な知識を吸収していく心意気も大切です。

Page Top